与論島の百合が浜ツアーに行ってきました!※画像あり

百合が浜ツアー画像

スポンサーリンク



宿泊していたプリシアリゾートヨロンで百合が浜ツアーに予約し、行ってきました!

ツアー料金は一人3,600円でした。
ホテルをバスで出て、2時間ほどで帰ってくるツアーです。
これでもかなり楽しめるツアーでした!

ただ、時期的に百合が浜が出現しない時期だったので
幻の白い砂浜(サンドバー)を目にすることはできませんでした・・・。

夏休みの時期にしか行けなかったので仕方ないです。

サンドバーは出現しないもの
百合が浜ツアーを楽しめる、干潮時でもっとも水深が浅くなるタイミング(約40cm)を狙ったツアーが開催されていました。

画像付きで参加した百合が浜ツアーの様子を紹介してみたいと思います。

管理人が参加した百合が浜ツアーの流れ

プリシアヨロン百合が浜ツアー

プリシアヨロンリゾートの受付

私はホテルのツアーに申し込んだので、まずはプリシアヨロンリゾートの受付に集合しました。
集合時間は干潮時間に合わせて9時頃でした。
ここに向かえの観光バスが来てくれます。

与論島百合が浜
シーマンズビーチ画像

シーマンズビーチに到着!

ホテルから観光バスに乗って約25分。
百合が浜への船乗り場がある、シーマンズビーチに到着しました!
与論島の景色を見ながら、あっと言うまに着きました。
朝だったので、まだ海岸にあまり人はいません。

与論島百合が浜
百合が浜ツアーグラスボート

百合が浜ツアーのグラスボート

百合が浜ツアーになるグラスボートに乗ります!
参加者は20名くらいいました。
海底を覗きこめる中央のガラスを取り囲む形で座ります。

与論島百合が浜
与論島グラスボート

グラスボートの中から見える魚

百合が浜へ向かうグラスボートの中から見た魚です。
魚や亀が見えるスポットがあるらしいです。
ガイドさんのサービス精神で魚が見えるエリアに寄ってくれて見せてくれました。

与論島百合が浜
ヨロンブルー

ヨロンブルーと言われる海の色

グラスボートに乗り込んで数分経つとだんだん海の色が濃くなってきました。
ヨロンブルーです。綺麗です。
しかも透き通っています。

与論島百合が浜
百合が浜画像

百合が浜に着きました!

ついに百合が浜に到着!
やっぱりサンドバーは出現していませんでした。
私達より早くきた人達は、みんな浅瀬でパシャパシャ遊んでいるような感じでした。
観光シーズンなので、朝なのに結構たくさん人がいます。

与論島百合が浜
百合が浜ツアー画像

百合が浜の様子

時間を決めて、その時間までに船に戻ってきてください!と言われます。
サンドバーは出ていない状態でしたが、充分楽しめました。
一番浅い場所で、膝下くらいの水深です。
写真を撮ったり、浮かんだりして遊んでました。

与論島百合が浜
百合が浜ツアーの画像

百合が浜ツアー終了!

時間になり百合が浜ツアー終了です。
またグラスボートの同じ席に戻り、大金久海岸に戻ります。

与論島百合が浜
グラスボートの亀

グラスボートから亀が見えました!

帰りのグラスボートの中から亀が見えました。
ガイドさんは「あまり期待しないで・・・」と言いながら、亀が出現するスポットへ向かっていたので運が良かったようです。

与論島百合が浜
大金久海岸グラスボート

シーマンズビーチに帰ってきました。

シーマンズビーチに戻り、百合が浜ツアー終了です。
シーマンズビーチに残って遊びたい人は残って遊んで違うバスで帰ることもできます。
すぐ隣にタイムトンネルという「くぐると幸せになれる」という場所もあります。
百合が浜ツアーの帰りに寄ってみるのも良いでしょう。

百合が浜ツアーに参加した感想

サンドバーが出現しない状態の百合が浜ツアーだったものの、やっぱり与論島旅行の中で一番楽しかったのは百合が浜ツアーです。
与論島に旅行するなら、百合が浜は外せない観光スポットだと思いました。

今まで色んな海へ行きましたが、与論島の百合が浜の海が一番綺麗でした。
人気本「死ぬまでに行きたい!世界の絶景(日本編)」に紹介されるだけのことはあるな、と思いました。

百合が浜ツアーのために与論島旅行する価値はあると思います。
ぜひ行ってみてください(^^)

当ブログの百合が浜関連記事です。

与論島の百合が浜観光のベストシーズンっていつ?(当ブログ記事)

与論島の百合が浜 | 出現時期と時間はいつなの?(当ブログ記事)

与論島の百合が浜への行き方をまとめてみました!(当ブログ記事)

与論島の百合が浜観光におすすめのホテルって?(当ブログ記事)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。