与論島までの行き方 | 大阪からのアクセス編

大阪から与論島への行き方

スポンサーリンク



大阪から与論島へ行く場合、主な行き方は3パターンです。

①飛行機で沖縄(那覇) ⇒ 那覇空港から飛行機で与論島
②飛行機で沖縄(那覇) ⇒ 那覇港からフェリーで与論島
③大阪南港 ⇒ 与論島(直接フェリーでいける行き方)

管理人おすすめの方法は、やはり①の飛行機で行く行き方ですが
②③を選ぶと時間がかかる代わりに、安く行くことができます。

このページでは①~③の行き方の所要時間や料金、メリット、デメリットを書いてみました。
(料金は時期によって変わるので目安です。)

①飛行機で沖縄(那覇) ⇒ 那覇空港から飛行機で与論島

全て飛行機でいく行き方です。
那覇空港まで飛行機で行って乗り継いで、与論空港まで行きます。
(関空、伊丹空港どちらからでも行けます。)

待つ時間が那覇空港での乗り継ぎだけで済みます。

全部飛行機なので料金的には一番高いですが
早く行ける方法なので、管理人的にはこの行き方がおすすめです。

■メリット
一番早くて疲れない行き方。

■デメリット
料金的に一番高い行き方。

■移動費用

片道:約40,900円前後

<内訳>
関西国際空港~与論島空港(飛行機):40,900円(時期により変わる)
※那覇空港で乗り継ぎ。

■所要時間

片道:約2時間40分前後

<内訳>
関西国際空港~那覇空港(飛行機):約2時間
那覇空港~与論島空港(飛行機):約40分

※那覇空港で約2時間ほど待つことが多いです。
そのため、実際の所要時間は合計約4時間ほどをみた方が良いでしょう。

②飛行機で沖縄(那覇) ⇒ 那覇港からフェリーで与論島

那覇まで飛行機で行って、フェリーに乗り換えて与論島まで行く行き方です。

那覇からは船になる分、全て飛行機で行く行き方と比べると
料金的には片道約10,000円ほど安くなりますが
時間的には4時間以上プラスでかかります。

往復だと20,000円程度になるので
行くのに時間がかかり過ぎるのは嫌だけど節約したい人向けの行き方です。

■メリット
全て飛行機の行き方と比べると片道10,000円ほど安い。

■デメリット
・那覇空港⇔那覇港の行き来が面倒。
・那覇~与論島がフェリーで5時間もかかってしまう。
・飛行機とフェリーの時間を合わせないと那覇で一泊必要。

■移動費用

片道:約30,120円前後

<内訳>
関西国際空港~那覇空港(飛行機):24,900円(時期により変わる)
那覇空港~那覇港(タクシー):約1,000円
那覇港~与論港(フェリー):4,220円(2等)

■所要時間

片道:約7時間前後

<内訳>
関西国際空港~那覇空港(飛行機):約2時間
那覇空港~那覇港(タクシー):約10分
那覇港~与論港(フェリー):約5時間

※那覇から与論港に行くフェリーの時間は限られています。
上手くフェリーの時間に合わせて行かないと、那覇に一泊してからフェリーで向かうことになります。

③大阪南港 ⇒ 与論島(直接フェリーでいける行き方)

とにかく安く行きたい人向けの行き方です。
片道17,580円と安いですが、すごく時間がかかります。(約38時間)

■メリット
とにかく安く行ける。(飛行機の半額以下)

■デメリット
時間がかかり過ぎる。

■移動費用

17,580円(2等:片道)

■所要時間

約38時間

メリットとデメリットがはっきりしている行き方です。
注意点としては、便がすごく少なく、週1程度でしか運行していません。
時間にゆとりがある人、お金に余裕がない人、船が好きな人には良い行き方です。

当ブログに関連記事書いてます。こちらも参考にしてみてください

■与論島への行き方を徹底的に調べてみました!
http://yorontouryokouki.net/ikikata/

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。