与論島観光のために私が読んだオススメ本3選

与論島観光おすすめ本

スポンサーリンク



多くの観光客が訪れる与論島ですが
与論島に関する本はかなり少なくほとんど無いのが現状です。
与論島観光に関する情報が書いてある本である時点でレアものです。

実際、本よりもインターネットの方が多くの情報を得られます。

ただ、信頼性の高い本を読んで与論島旅行の計画を立てたいという方も多いと思いますので
当ブログ管理人が読んで役に立った与論島観光本をベスト3に絞って紹介してみます。

死ぬまでに行きたい!世界の絶景~日本編

結構有名な本です。
この本がきっかけで与論島に行きたい!と思う人も多いようです。

ただ、与論島についての情報は1ページしかないので
情報量を求める本ではないです。

この本に載っている与論島の写真もキレイで
海が透き通ってボートが浮いているように見えます。

でも実際に与論島に観光しに行ってみて
これらの写真が決して誇張されているわけではなかったですし
本当に海がきれいで癒されました。

沖縄離島情報(2011年)

最新版ではなく2011年版を選ばないといけません。
与論島については6ページにわたり情報が掲載されています。

これでも、色んな本の中でも情報量的にはかなり多いです。

島の交通機関、行き方、宿泊施設、観光スポットなど、与論島観光するために必要な情報がまとまっていて役に立ちました。
2011年の本ですが、2016年でも情報的に全く問題なかったです。

旅行先として与論島を検討している人、与論島観光することが決まっている人
どちらにも参考になるレアな本と言えるでしょう。

与論島~琉球の原風景が残る島

図書館で読んだ本です。
本屋で見つけることはほぼ不可能で、amazonでも中古で7冊しかありませんでした。

与論島に関する情報量で言うと、断トツの本です。

200ページにわたりガッツリ全て与論島について書かれています。
この本を読めば深すぎるほど与論島について知ることができるでしょう。

ただ単に観光情報だけが欲しい!場合は
最後の数ページにある与論島Q&Aコーナーを読むだけでも
与論島を楽しむコツを知ることができます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。