与論島の赤崎鍾乳洞に行ってきました!

スポンサーリンク



与論島にも鍾乳洞がある!ということで、観光タクシーのおじさんにおすすめされて行ってきました。

赤崎鍾乳洞という名称は後で知りました。

料金は一人500円でした。
小学生までは250円で入れるようです。

草に囲まれた小道を進んでいくと受付所があり
お金を払うと懐中電灯を貸してくれます。

赤崎鍾乳洞の中に入ってみます。

赤崎鍾乳洞の入り口

赤崎鍾乳洞に入る時の入り口

受付所の目の前に鍾乳洞の入り口があります。
これ入って大丈夫なのかな?とちょっと不安になりながらも入って見ます。

与論島
与論島鍾乳洞

赤崎鍾乳洞の中から見た入り口

鍾乳洞に入ってから見た入り口です。
床は濡れていて泥で少し滑りやすいです。
できればサンダルなどではなく、スニーカーなどで来たほうがいいかもしれません。

与論島
赤崎鍾乳洞幸福の門

幸福の門前にある看板

午前中の早い時間だったからか、鍾乳洞内に他の観光客の方はいませんでした。
なので独占状態でした。

幸福の門というものもあり、看板に書いてあるとおり、「幸せが参りますように」と祈りながら通ってみました。
「幸せが参りますように」の「す」が抜けていますが、細かいことは気にせず進みます。

与論島
赤崎鍾乳洞の奥

鍾乳洞の一番奥

奥まで進むと外の光が見えてきました。
頑張ればココからも外に出れそうでしたが、引き返しました。

赤崎鍾乳洞に行った感想

ライトアップされているような良くある観光地化された鍾乳洞ではなく、自然の鍾乳洞そのままを楽しむことができました。
鍾乳洞が好きな人にはおすすめです。

だいたい15分ほどで回れるので気軽にも行けると思います。

与論島観光で島を回っているときに寄ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。