鹿児島県の与論島ってどんな島?実際に行った旅行者がまとめました

与論島とは

スポンサーリンク



「与論島って海がキレイらしいけど、一体どんな島なの?」
という方のために与論島がどんな島なのか?をまとめてみました。

船が浮いて見えるほどキレイな海「ヨロンブルー」

与論島の海

与論島の海

本当に日本?と思うほど海はキレイでした。
人気の本「死ぬまでに行きたい!世界の絶景-日本編」の中で絶景スポットとして選ばれています。
特に与論島の百合が浜、大金久海岸あたりの海はすごく透明度が高くキレイで癒されます。

⇒ 当ブログ記事「ヨロンブルーの百合が浜ツアーに行ってきました!」

与論島の位置は?


与論島は鹿児島最南端の島で、奄美群島の中で1番南に位置しています。沖縄本島のすぐ真上にあります。
沖縄本島で1番北にある辺戸岬からの距離は約23kmほどしか離れていません。
与論島南部から沖縄本島の北部がくっきり見えるほど近いです。

沖縄から飛行機で約40分

那覇空港から飛行機約40分で与論空港に着くほど近いです。
各地から那覇空港まで来て乗り継ぎをして与論島へ向かうのが最も一般的な行き方です。

那覇観光をしたいという方は、那覇港からフェリーも出ています。
那覇港から数時間かかってしまいますが、那覇観光もしたい、船旅も好きという方には良いでしょう。

与論島の代表的な観光スポット

①:百合が浜(ゆりがはま)

何と言っても与論島1番の観光スポットは「百合が浜」でしょう。
浜辺から約1.5kmの沖合いのエメラルドブルーの海の中に突如真っ白の小さな島(サンドバー)が現れます。
サンドバーといえば、ハワイのカネオが絶景スポットとして旅行者に絶大な人気がありますが、実は日本にも立派なサンドバーがあります。それが百合が浜です。
この百合が浜にある「星形の砂」を年齢の数集めると幸せになれると言われています。

②:大金久海岸(おおがねくかいがん)

与論島最大のビーチで、ヨロンブルーの美しい海を楽しむことができます。
海のキレイさは日本の海ではないような感覚に陥るくらいでした。
ウォータースポーツも楽しむこともでき、お土産屋さんもあるので与論島で最も観光地っぽい雰囲気があるビーチです。
ここからジェットスキーやグラスボートに乗って百合が浜へ行くことができます。

③:寺崎海岸

映画「めがね」のロケ地として有名なビーチです。
与論島の島民の方がイチオシの観光スポットということで管理人も訪れましたが、青いキレイな海に加えて白くて細かい白砂が印象的なビーチでした!
観光地化され過ぎていないため、人は少なめでプライベートビーチのような感覚で楽しめます。

映画「めがね」のロケ地として有名

与論島

映画「めがね」の舞台:与論島の寺崎海岸

与論島は人気映画めがねのロケ地として有名です。
特に映画の舞台となっている「寺崎海岸」やホテル「ヨロンビレッジ」は人気となっています。

与論島の交通手段

島内の移動手段は車が基本です。
レンタカーかタクシーで移動する方がほとんどのようです。
与論島には信号が一個しかありませんので、車移動には時間がかかりません。

夏のシーズンでなければ自転車で時間をかけて島を移動するのも良いでしょう。
バイクをレンタルしたり、観光タクシーを手配して島内を回ってもらうこともできます。

与論島内の代表的なホテル

プリシアリゾートヨロン

与論島最大のホテルが「プリシアリゾートヨロン」で、管理人も与論島滞在時に宿泊したホテルです。
2階建てのコテージに各宿泊者が泊まるスタイルのホテルで、島の西側(与論空港、与論港近く)に位置しています。
個人的にはすごく居心地が良かったです。
プライベートビーチやお土産屋さんもあり、ダイビングや百合が浜ツアーの予約などができるなど、このホテルだけで与論島観光が全て完結できてしまうほど大きいホテルでした。

⇒ 当ブログ記事「プリシアリゾートに泊まってみた口コミ」

ヨロンビレッジ

寺崎海岸と同じく、映画「めがね」民宿ハマダの舞台となったホテル「ヨロンビレッジ」もまた人気となっています。
ヨロンビレッジは与論島の中でも人気で有名なホテルの一つです。
島の東側に位置しており、百合が浜や大金久海岸といった与論島の主要観光スポットへのアクセスに便利です。

与論島旅行にかかった総額は?

一年で一番旅行料金が高いシーズン(お盆)に与論島旅行したときで、総額約16万円ほどでした。
(滞在、レジャーでかかった費用の総額です)
東京⇒那覇⇒フェリーで与論島、というパックツアー(3泊4日)でした。
当初石垣島とどっちにしようか比較検討していたのですが、ツアー料金だけで与論島の方が3万円ほど安かったので与論島に行くことにしたという流れでした。

当ブログ記事「与論島旅行の予算総額を公開」

毎年冬に行われるヨロンマラソン

毎年3月に「ヨロンマラソン」というマラソンが開催されています。
1周約21kmの島を回るハーフマラソン、2周回って42kmを走るフルマラソンの大会が行われます。
ヨロンブルーと呼ばれるキレイな海、絶景を見ながらのマラソンで、リピーターが多いマラソン大会です。
この時期は島内のホテルや民宿は予約で埋まり、島内で前夜祭や後夜祭が行われるなど与論島全体が盛り上がります。

ダイビングスポットも多い

与論島ダイビング

与論島ダイビングスポットの写真

美しい海がある与論島周辺には、ダイビングスポットも多いです。
全長50メートル以上もある沈没船「あまみ」や水中宮殿など見所が多いです。
体験ダイビングなども気軽にできるので、ダイビング未経験者も楽しめます。
事前に申し込んでダイビングライセンスを与論島で取得するのも良いでしょう。

美意識が高い女性に人気!特産品「モリンガ茶」も買える

与論島モリンガ茶

与論島モリンガ茶

美意識の高い女性の中でひそかに人気になっている「モリンガ」も与論島で買えます。
旅行中にモリンガ麺を食べてみるのも良いですし、お土産としてモリンガ茶を買っていってあげると女性が喜ぶかもしれません。

⇒ 当ブログ記事「与論島で買った特産品モリンガ茶を飲んでみました!」

与論島は、日本最大のビーチリゾートだった?

与論島の景色

与論島の景色

沖縄返還前の時代の日本では、与論島が日本最南端の島でした。
そのため、与論島は夏のシーズンになると多くの観光客が訪れる大人気のビーチリゾートだったと与論島地元の方に教えてもらいました。
ちょうど今の沖縄のようなポジションの観光地だったとのことです。
多くの観光客がアクセスの良い沖縄の方に流れてしまったのは残念ですが、その分美しい海や自然、のどかな離島の雰囲気が残ったのかもしれません。

⇒ 当ブログ記事「与論島の最低限行くべき観光スポット6選」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。