与論島観光を楽しむための必需品!用意しておきたい持ち物6選

スポンサーリンク



水着やサングラス、着替えなど定番の持ち物以外で、管理人が与論島であったら便利だなと思ったもの、必需品だなと思ったもの、あったほうがいいなと思ったものをリストアップしてみました!

楽しむための必需品、用意しておきたい持ち物ということですが、できるだけコスパの良いおすすめグッズを独断でチョイスしています。

 

LED懐中電灯

パナソニック LED懐中電灯

懐中電灯は紫外線が少ないLEDの物を選ぶと、虫が寄りにくいので断然おすすめです。
与論島は夜まっくらです。夜にどこかへ行って道を歩く予定がある場合は懐中電灯必須かと思います。
高いものを買う必要はなく安いものでいいと思いますので、夜のアクティビティに参加する、夜道を歩く予定の方は用意しておきましょう。

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー(虫除けスプレー)

虫除けボディスプレー

「日本一売れているアロマスプレー」で、100%天然成分で赤ちゃんでも使えて安全性が高いということでリストアップしました。
与論島は自然が多く残っていることもあって虫も多めです。警戒しすぎるほど虫が多いわけでもなく、特殊な虫がいるわけでもないのですが、やはり快適に観光するために、主に蚊に刺され予防のために虫除けスプレーを持っていくと良いでしょう。

日焼け止め

資生堂アネッサ パーフェクトUV

沖縄本島の真上にある与論島は、やはり日差しが強いです。
肌をあまり焼きたくないという女性は、SPF高めの日焼け止めクリームをおすすめします。

タオル

ホテルスタイル フェイルタオル(楽天)

数量限定ですが、品質の良い日本製タオルが460円で買えます。
特に夏に与論島へ行く場合は、海へ行く以外でも歩くだけでも汗が吹き出てきます。
タオルは多めに持っていったほうがいいでしょう。

防水カメラ

ニコンCOOLPIX W100 マリン

必需品ではありませんが、海で遊ぶ予定がある方は防水カメラがあると色々楽しめます。
スマホだと落としてしまう危険があるので、防水カメラがあると気軽にパシャパシャ写真を撮ることができますね。
買う必要はなくて、防水カメラはレンタルが個人的におすすめです。

与論島の本

るるぶ屋久島奄美種子島

与論島の本はあまり出回っていないのですが、「るるぶ」はまだ与論島の情報量は多かったです。
ただ、与論島の情報量だけでいうと当ブログの方が圧倒的に充実していると思います。

与論島の本は、管理人が「与論島に行く前に読んだ本3冊」も紹介しています。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。