与論島観光するならどっちが快適?レンタサイクルVSレンタバイク

スポンサーリンク



5月になって与論島観光のベストシーズンになってきました。
管理人自身が与論島観光する時に、何で移動すればいいのか?分かりませんでしたので、与論島を観光するにあたりレンタサイクルとレンタバイクどちらがいいのか?を書いてみました。

もちろん、レンタサイクル、レンタバイク以外でも、観光タクシー、レンタカーもありますが、今回は自分のペースで自由に移動できる手段としてレンタサイクルとレンタバイクを比較してみました。

レンタサイクルとレンタバイクの値段は?

まずは気になるのはレンタル価格です。

■レンタサイクル
1日/1,000~1,500円

■レンタバイク
1日/2,500~4,500円

バイクの方が2.5~3倍くらいの料金が高いですし、少なからずガソリン代もかかります。

シーズンによって快適度が変わります

一つ言えることは夏にレンタサイクルはおすすめできません。かなり日差しも強く暑いので、最低限レンタバイクを選んで観光しましょう。

シーズンによって最適な移動手段は変わると思いますが、与論島に旅行した経験から独断と偏見でおすすめすると、ざっくりですが下記のような選び方が良いのではないでしょうか。

 

■夏(6月~9月)
レンタルバイク(レンタカー、観光タクシーも最適)

■冬(12月~3月)
レンタルバイク(レンタカー、観光タクシーも最適)

■春(4月~5月)
レンタルサイクル(自転車)

■秋(10月~11月)
レンタルサイクル(自転車)

 

基本的に暑すぎる季節、寒すぎる季節はレンタサイクルは避けるようにすると良いでしょう。
与論島は寒すぎるということはないので、特に真夏のシーズンは自転車ではなくバイクもしくはレンタカー、観光タクシーで移動したほうが絶対いいです。

逆に春や秋の気温が寒すぎず暑すぎないちょうど良い気温のシーズンは、レンタサイクルはおすすめです。島内はそれなりにアップダウンはありますが、交通量も多くないので快適に走ることができるので自転車で島を走ったりするだけでも楽しめるのではないでしょうか。

島をどのくらい移動するか?

自転車で移動するときはホテルの周りだけ、という感じであれば自転車で充分でしょう。ただ、広くない島とはいっても自転車で島を一周しようというのはちょっと厳しいです。特に展望台などがある場所へ行くためには急で長い坂を上らないといけないので自転車では体力的に厳しいです。

島を一周してみようという場合は、最低限レンタバイクが必要だと思います。(理想はレンタカー、観光タクシー)

結論

色々書きましたが、結論です。(あくまで個人的な意見です)

 

・春、秋の季節はレンタサイクルがおすすめ!(でもレンタルバイクの方が楽)

・夏、冬の季節はレンタルバイクがおすすめ!(でも理想はレンタカー)

・真夏にレンタサイクルはおすすめできない。

・レンタバイクはレンタサイクルの約3倍くらいの料金がかかる。

・自転車で与論島一周は止めたほうがいい。(急坂があるから)

 

レンタサイクルはたぶん大丈夫な気がしますが、レンタバイクの方は予約したほうがいいと思います。(特に観光シーズンの場合)

正直、レンタカーや観光タクシーの方が料金高いものの楽チンなのですが、自転車やバイクだと与論島の風を感じることができて気持ちいいです。

与論島旅行するシーズン、予算、用途に合わせて決めると良いでしょう。参考にしてみてください(^^)

 

与論島の移動手段についての関連記事

与論島観光で使える移動手段まとめ

与論島観光にレンタカーは必要?

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。